| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

レビューサイトかっちゅうねん(笑)

ガンプラそっちのけでフィギュア改造に没頭してたsabosaboです。
え~、さっそく前言撤回・・・約5割引きの誘惑に勝てず、X1購入←ダメじゃんねぇ(笑)
まぁ本気で欲しいキットだったんで、遅かれ早かれ買ってたぞっと(人それを言い訳という)。

で、仮組みした結果・・・アホほどかっこええ~(←またかよ)



それでは自分なりのレビューをば。

POSITIVE FACTOR
・かっこいい(笑)
・合わせ目処理は本体で1箇所、武器で1箇所のみ(多分MG史上最小)
_→これはもうカトキ氏の計算しつくされたパーツ設計の賜物でしょうね。やはりビークラフトは・・・。
・ギミックの塊
・可動がスゴイ
・武器が豊富
_→欲を言えば、台座とビームシールドは付けて欲しかった。ABCマントは予想外に良いです。折り方やシワの寄せ方で非常に格好良く決まります。トリセツを見れば分かると思いますが、光沢面を内側にした方が格好良いです。

NEGATIVE FACTOR
・主武装のザンバスターが保持できない。
_→明らかに設計ミス。ユーザーのクレームにより、手首とザンバスター基部の金型回収が入り、二次出荷分より反映されている模様。初回分を掴んだ人は、ザンバスター基部の保持穴の周囲をプラ板などでかさ増ししてやれば握れるようになると思います。
・F91と同じく、フトモモのABSフレームなどが外れやすい。
_→ABS関節の弊害ですね。ABS関節の保持力アップってどうやるんだろ?
・コアファイターを合体させると、外すのが困難。
_→H26パーツの背中側のツメを削り取ることでスムーズな脱着が可能になります。
・メインスラスター基部の角度が安定しない。
_→これも対処方法が難しい・・・。

という感じです。利点の方が欠点を補ってあまりあるのですが・・・。ザンバスターが保持できないのはかなり不満。完成品写真もきちんと保持していないのを見ると、保持できないのを分かっていて発売したのではないでしょうか?最近の新製品にはこういう不具合が多く、ユーザーからクレームが入ると二次出荷分から改修版をリリースするというケースが目立ちます。発売日にキットを購入する熱心なガンプラファンは裏切られた気持ちがするのではないでしょうか?

※追記
↑の写真の他にポージング検討写真を多数撮影したところ、武器の保持にいろいろ問題あり。
・スクリューウェッブ:武器側の穴が大きい&武器側の穴とリード線の径が合わずゆるゆる。
・ザンバスター:持てるが重くて手を動かしているとポロポロ落ちやすい。
・バスターガン:持てるがグリップが太すぎて、親指を正位置にすると外れる。
ん~、詰めが甘いな、いろいろと。このへんの調整はバンダイ側の責任でしょう?あとABS関節が思った以上にヘタリやすい・・・。



GFFとの比較写真
GFFも下半身は結構マッチョ。ABCマントはGFFの圧勝。原作未見なんですが、X1って劇中でショットランサー使うんでしょうか?GFFのメインスラスターはかなり大きめで、MGとほぼ同サイズ。フェイスはGFFの方がスマートで男前(MGはギミックありなので仕方ない)。←購入時、店頭でかなり吟味したので。
スポンサーサイト

| MG CROSSBONE X1 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。